【総合案内】
【文字サイズ】

みなも神殿挙式の流れ

神職・巫子の先導で樹齢千年余りの神木、「大楠」の前を出発し、本殿参拝します。

式次第

参進

神職・巫子の先導で神の御前へ。新郎様・新婦様、ご両家のご両親、ご親族、友人の順に参進致します。

修祓とは、罪穢れを祓い心身を清めること。神職は祓詞を奏上した後、大麻(おおぬさ)で新郎様・新婦様、ご参列の皆様の穢れを祓います。

修祓
御垣内参拝

本殿により近い御垣内にて、結婚を神に奉告し、加護を祈ります。

伶人が奏でる笙(しょう)・笛(ふえ)・篳篥(ひちりき)の音に導かれ厳かにみなも神殿へ進みます。

手水
道楽

式場に入る前に手を清めます。澄んだ水の冷たさが、心地よい緊張感を運んできます。

祝詞を奏上する前に、祓串(はらいぐし)で新郎様・新婦様、ご参列の皆様の穢れを祓います。

祝詞奏上
祝詞奏上

神職がふたりの結婚を神に奉告し、加護を祈ります。

新郎様、新婦様が、三つの盃で御神酒を交わし、夫婦の契りを結びます。三回に分けて三杯の御神酒を飲むことから「三々九度」と言います。

結盃
指輪交換

新郎様から新婦様、新婦様から新郎様の順に、結婚指輪を互いの左手薬指にはめ合います。

伶人が奏でる雅楽に合わせ、巫子が神楽「萬代(よろずよ)」を奉奏致します。

神楽
誓詞奏上

新郎様・新婦様が神の御前で誓いの言葉を読み上げます。奏上した誓詞は、神前に供えます。

「玉串」とは祈りをこめた捧げ物です。巫子から受け取った玉串の根元を神前に向けて供え、二拝・二拍手・一拝致します。

玉串拝礼

ご親族の皆様の前に用意された盃に、巫子がお神酒を注ぎます。全員が起立し、そのお神酒を飲み干すことで、両家が親族の契りを交わした証となります。

親族盃
前のページに戻る