厄年・年廻り|熱田神宮 三種の神器の一つ草薙神剣の御鎮座に始まる由緒、祭典等のご紹介。

厄年・年廻り

豊かな人生を歩む祈りの心。

人生には折目節目があります。特に心身の健康、運気の盛衰の節目となる年齢にあたる「厄年」、9年に一度巡る運気停滞の年「年廻り」には、慎みと謙虚な心構えをかため災難を無事に過ごせるようお祓いを受け清めます。

年祝としいわい厄除やくよけ年廻としまわ災難除さいなんよけ のご案内

古来我が国には、人の一生における心身の健康運気感衰の節目となる年齢が言伝えられています。
現代においても、折目節目の年には慎みと謙虚な心持で過ごし、社寺に詣でて更なるご加護を祈念し、災難を除け無難に過ごせるようお祓いを受け、心身を清めることが大切と言われています。
年祝の方には、更なる健康長寿を祈る『年祝』、厄年の方には、災厄を祓う『厄除』、年廻の方には、災難を防ぐ『年廻災難除』。
当神宮では、毎年それぞれのご祈祷を奉仕し皆さまの新しき年の無事平安を祈念しています。

年祝

「還暦」61歳は生まれた年の干支に還ることに、「古稀」70歳は社甫の詩の一節「人生七十古来稀なり」に、「喜寿」77歳は「喜」の異体字「㐂」にそれぞれ由来します。
80歳以降は、傘寿・米寿・卒寿・白寿・百寿のお祝いがございます。

厄年

厄年といわれる年齢は、地域や時代によって変遷がありますが、数え年で男性は25歳と42歳、女性は19歳と33歳を「本厄」ととらえる場合が多いようです。
 その前後の年も「前厄」や「後厄」として、3年間慎むのが良いとされています。

年廻

9年に一度巡る運気停滞の年(九星)が年廻で、これは男女とも誕生年から数えます。
あらゆる方位から影響を受け、身動きがとれなくなり運気が停滞することから、八方塞がりの年ともいわれています。

ご祈祷のお申込み方法

受付時間

午前8時30分~午後4時

祈祷料

個人 6,000円・8,000千円・10,000円~
団体 20,000円から申し受けます。

受付場所

ご本殿向かって右側の「祈祷受付」にて承ります。

撤饌おさがり

一年の無事平安をお祈りした祈祷大麻や御幣をお授け致します。

令和4年厄年早見表
男性   女性
数歳 生年 数歳 生年   数歳 生年 数歳 生年
24 平成11年生 41 昭和57年生 前厄 18 平成17年生 32 平成3年生
25 平成10年生 42 昭和56年生 本厄 19 平成16年生 33 平成2年生
26 平成9年生 43 昭和55年生 後厄 20 平成15年生 34 昭和64年生平成元年生
令和4年廻り早見表
男女共通
生年数歳
昭和7年生91
昭和16年生82
昭和25年生73
昭和34年生64
昭和43年生55
昭和52年生46
昭和61年生37
平成7年生28
平成16年生19
平成25年生10
令和4年生1
日時
毎日受付(8:30~16:00)
場所
神楽殿
お申込
授与所にて当日受付
祈祷料
6,000円、8,000円、10,000円~
お問い合わせ

祭務部052-671-4152